不動産登記業務

不動産登記とは

不動産登記とは、不動産(土地・建物)の権利関係を公的帳簿である登記簿に記載して
取引の安全をはかる制度です。
具体的には、土地を買いたい、家を借りたい場合それがだれの所有のものなのかわかりません。
担保がついているのかもしれません。
そこで、登記簿をみてそれらをわかるようにしているのです。

売買・保存

●不動産を購入した
●不動産を贈与した
●建物を新築した
詳細へ

相続

●所有者が死亡したとき
詳細へ

抵当権設定・抹消

●不動産を担保にお金を借りたい
●お金を貸すので担保を設定したい
●借入金を返済したので担保を消したい
詳細へ