訴訟手続

訴訟手続

簡易裁判所における争い(訴額140万円以下)について、司法書士に
代理権が認められました。

ただし、研修を受講し法務大臣の認定をうけた司法書士に限ります。

たとえば、

● お金を貸したけど返してもらえない
● 不動産を賃貸しているが賃料を何ヶ月も滞納している etc

簡易裁判所における争いについて、司法書士が代理で訴訟を行います。

もちろん自分で裁判所に行って裁判手続を行う(本人申請)も可能です。
その場合に訴状・準備書面などの書類作成をし、本人訴訟に協力いたします。

まずは一度無料法律相談をご利用下さい。