相続登記は、司法書士に。

 土地や建物をもっている人が亡くなると、

その名義を変更する必要があります。

これを、相続登記といいます。

 以前、このブログで、相続関係が複雑になるので、

相続税の出ない人も

早めに登記したほうがいいですよと、

いいました。

これは、結構長い期間を考えた場合ですが、

もう少し短い期間でも、ちょっと困った場合もあります。

 
相続登記をする際には、

被相続人(亡くなった人)の死亡時の住所を証する公的な証明書

が必要になるのです。

普通は、亡くなった人の除住民票を提出します。

しかし、その削除された除住民票は、

5年間しか保存されません。

中には、住所を何回も変えていて、

登記簿の住所は登記した時のまま

という人もかなりいらっしゃいます。

そうすると、公的証明書がない場合になります。

 この場合は、

登記簿上の住所を持つ被相続人の名前の人が存在しない証明書、

被相続人が対象不動産の所有者である証明書

を法務局に提出する必要があります。

簡単な証明書でよかったのが、

ややこしい証明書を用意しなけれななりません。

 このようなケース、よくあるんですよ。

司法書士は、登記の専門家です。 

相続登記は、司法書士に依頼してくださいね。