特例有限会社

平成18年5月1日 会社法施行により、有限会社制度は廃止となりました。
今までの有限会社は、名称は有限会社ですが、法律上は株式会社として扱われます。
これを「特例有限会社」と呼びます。特例有限会社は、登記簿上「有限会社」と記載され従来の
有限会社の特性(役員の任期がないこと、決算広告義務のないこと)は維持されます。

有限会社を株式会社にするには

「株式会社」としたい場合は、定款変更手続きとともに、株式会社へ商号変更し、その登記を
することによって、株式会社となることができます。具体的には、有限会社の解散登記と
株式会社の設立登記を行います。場合によっては、役員の変更が必要となる場合もあります。
ただし、株式会社となると役員の任期・決算広告の必要性が発生することになります。

まずはお気楽に無料相談をご利用下さい。