会社設立

●株式会社を設立するとき

会社設立

株式会社を設立する場合
■最低資本金(1000万)は撤廃されましたので、資本1円でも会社を興すことができます。
■役員は取締役1名でも可能です。
■発起設立(発起人のみが出資を引き受ける場合)は銀行の保管金証明書に代えて
 通帳の写しでも登記できます。

会社設立に必要なもの

■発起人(出資される人)の印鑑証明書
■取締役に就任する人の印鑑証明書
■実印
 当事務所の作成する登記に必要な書類に発起人、取締役が捺印してもらいます。
■会社印
 会社の実印として使用する印鑑を印鑑届書に捺印して法務省に提出します。

手続きの流れ

①会社設立のご相談
②必要書類作成
③定款認証
 公証役場で認証をうけます。
 電子定款認証により収入印紙代4万円を省略することができます。
④資本金の払い込み
 発起人の口座に資本金を振り込んでいただき写しをいただきます。
⑤法務局申請
 法務局への申請日が会社の設立日となります。
⑥登記完了
 約1週間で登記を完了します。

会社設立をお考えの方、まずは一度無料相談をご利用ください。