相続

●所有者が死亡したとき

相続

財産(不動産・預貯金・株など)を所有する人が死亡すると、相続が発生します。
不動産の場合は、名義変更(所有権移転登記)手続きが必要となります。

相続登記に必要なもの

■亡くなられた方(被相続人)の除籍謄本
出生から死亡するまでの除籍が必要となります。
■被相続人の除かれた住民票
■相続人の戸籍謄本、住民票(本籍の記載のあるもの)、印鑑証明書

以上は、相続人を確定するために必要になります。当事務所で集めさせていただくことも可能です。

■不動産の評価証明書
登記に必要な登録免許税を計算するために必要です。
当事務所で取得することも可能です。その場合は、土地の所在地番、家屋の所在地番、家屋番号をご連絡ください。

手続きの流れ

①登記の相談・依頼
②必要書類の収集
戸籍・評価証明書・登記簿謄本を収集します。
当事務所で集めさせていただくことも可能です。
③遺産分割協議書の作成
相続人を戸籍で確定した後、誰が何を相続するのかを相続人の間で話し合って決めていただきます。その内容を司法書士が遺産分割協議書という書面で作成します。それに相続人全員が署名、実印を押印していただきます。
④申請書作成・登記申請
司法書士が申請書を作成し、法務局に相続による所有権移転登記の申請をします。
⑤登記完了
法務局の混み具合もありますが、約10日程度で登記は完了します。

まずはお気軽に無料法律相談をご利用ください。